ウィンドウズ向け無料ソフトウェア&ゲームをダウンロード
検索
ここで検索-例)ウィンジップ、スカイプ、フォトスケイプ

VPNは本当に安全か

 

 

Related image

 

 

ほとんどのVPN利用するオンラインユーザーは、たくさんのウエブサイトにオンラインの活動をトラッキングすることは大変減じて、自分は特別ですと考えています。VPNの安全性について真剣に考えたことがないのです。VPNを使用することで得られる利点はあります。しかし最強のVPNでさえ保護できないものはあります。

 

インターネットのプライバシー保護が難しくなりつつある現在、VPNについてできる限りのことを知っておくことは、非常に重要でかつ有益です。今、オンラインプライバシーと個人情報を守るために、安全なVPNを探している人がますます増えています。

 

VPNはデバイスとオンラインプライバシー両方を安全に保護できるため、そうした用途には最適なツールです。VPNを使う目的は、IPアドレスやデバイスの場所を隠すことで、ウェブサイトや広告主などからオンライン活動を保護すること、および制限されたオンラインコンテンツへアクセスできるようにすることです。

 

とはいえ、すべてのVPNが安全というわけではなく、インターネット上ではよくあることですが詐欺を行う危険なVPNもあります。幸いなことに、どれが安全なVPNでどれが危険なVPNなのか、代表的な特徴があります。詳しく見ていきましょう。危険かつ注意が必要なVPNについて詳細を知りたい場合は、VPN Warning List (VPN警告リスト)をご覧ください。

 

危険なVPN

 

危険なVPNの7つの特徴
 

►►  無料VPN – オンライン上で無料なものはすべて、実際には無料の製品やサービスで収益を上げるための方法にすぎません。 無料VPNも例外ではありません。無料で様々なサービスを提供するのは、シンプルなビジネスモデルなのです。


オンラインユーザーは、広告主などの第三者に販売するために、個人情報が実際は追跡され、記録されているということを知りません。 一方、さらに悪質な無料VPNは、個人データを盗むためにVPNアプリケーション内に追跡機能やマルウェアを直接埋め込みます。


安全な無料VPNサービスを利用したいなら、Tunnelbear などの安全性の高いサービスを選びましょう。



►►  にせのVPN–にせのVPNはVPN詐欺の典型的な例です。サービスは実際には存在せず、ただお金をだまし取り、オンライン活動を追跡するだけです。


ユーザーデータを共有するVPN – 個人情報には、高い価値があります。VPNの役割はユーザーを保護して、データが記録されたり共有されないようにすることですが、まったく逆の業者もいます。ユーザーがVPNを利用している間のデータを記録して共有するのです。


記録と共有の目的は利益を得ることです。 ユーザーデータを共有するVPNは、サービスは安全でプライバシーは守られていると主張しつつ、その実ユーザーの個人情報を記録し、共有します。



►►   完全に機能しないVPN – VPNが完全に機能しているかどうか確認するためには、テストするしかありません。テストの結果を見れば、利用しているVPNが安全で完全に機能し、データとデバイスがしっかりと保護されているか、最も確実に確認できます。
 

最近多くのVPNで、あるはずの機能が実際は役に立たないという例をよく見かけます。VPNを利用し始める前に、必ずテストしましょう。 



►►  マルウェアVPN – タイトルがすでにすべてを語っています。仮想プライベートネットワークを利用してオンラインプライバシーを保護するどころか、実のところマルウェアにデータを盗まれるのです。

 

►►  追跡VPN – マルウェアVPNと同様、このVPNは追跡ライブラリを備え、ユーザーのデータを盗みます。
 

帯域幅を盗むVPN – データだけでなく、帯域幅も盗まれて第三者に売られる可能性があります。



安全なVPN


 

特定のVPNが安全かどうか判断するために、VPNが満たすべき6つの条件があります。ひとつ目はすでに述べたように、優れた顧客サービスを提供し、堅実な業績を維持し続けてきた実績です。
 

VPN業者の履歴は検証が可能なので、VPNの安全を保証する最初の条件として、業者の実績を挙げることができます。特に安全性の高いVPNとして、上位5つのサービスを挙げておきます。

 

#1. Nord VPN 
#2. Express VPN
#3. Private Internet Access
#4. ProtonVPN
#5. Hotspot Shield

 

残りの5つの条件は下記のとおりです。

 

►►  裁判管轄権– VPN業者の本拠地とその地域の裁判管轄権は、ユーザー自身とユーザーのプライバシーに直接影響します。オーストラリア、英国そして米国は、世界的な規模で大量の監視を行っていることで知られています。


これらの国は企業やデータセンターを標的に、すべての顧客データや個人情報の引き渡しを強制しています。本当に効果のあるVPNを利用したいなら、上記の国は絶対に避けるべきです。



►►  適正な価格 – この世界では、無料より高いものはありません。高品質VPNサービスについても同じことが言えます。サービス料金は、安くても高すぎてもよくありません。提供されるサービスの質に見合った適正な標準的な料金であるべきです。


どこよりも安い業者は、おそらくユーザーのデータから利益を上げています。料金の安さよりも、適正な料金のプライバシーをしっかり保護できるVPNをお勧めします。



►►  ポリシーの透明性 – 信頼に足る安全なVPNのポリシーは、誠実で透明性の高いものでなければなりません。ポリシーに対して非常に不誠実なVPNプロバイダは数え切れません。特にログポリシーに関しては、ひどいものです。ポリシーの透明性が高いVPN以外は、検討すべきではありません。



►►  サーバーの詳細 – サーバーの詳細は一般的に過小評価されていますが、最強かつ安全なVPNサービスを選ぶための決定的なポイントです。プロバイダの多くはログを記録しないものの、非常に安価な仮想サーバーを使用しているため、結局はサーバー会社が独自にログを記録しているのです。


本当に優れたVPNは、最高の仮想サーバーで信頼できる高速なサービスを提供しつつ、インターネットアクティビティと個人情報を完全に保護します。



►►  検証結果 – VPNプロバイダの主張が本当かどうか確かめる最善の方法は、VPNの検証結果をチェックすることです。挙げられているセキュリティや機能が、実際に提供されているのか確認しましょう。


ほとんどのVPNのサービス内容は、一見素晴らしいものですが、検証してみるとまったく異なるということがあります。ですから、ニーズや要件にぴったりのVPNプロバイダを選ぶために、検証結果が非常に重要です。


幸い、多くの人気VPNはすでに検証され分析されているため、最強かつ安全なVPNをみつけることは、そう難しくはありません。プライバシーを守ることが可能な裁判管轄権区域の業者から、時間をかけて慎重に、最も優れたVPNを選びましょう。そうすれば、インターネット活動と個人情報を確実に守ることができます。

 

 

 

ニュースレター

Eメール・アドレス
新製品・アップデート情報を希望します
無料ゲーム、お試し、キャンペーン情報を希望します
登録
私たちはあなたの プライバシーを尊重します
毎月のニュースレターを読めば、あなたも重力を振り切れる…
多分ないのでしょう、でも、何かスゴいことができるいい新しいプログラムが見つかるでしょう。リリースと同時にアップデートも万全。登録解除は簡単、とりあえず登録してみよう!