ウィンドウズ向け無料ソフトウェア&ゲームをダウンロード
検索
ここで検索-例)ウィンジップ、スカイプ、フォトスケイプ

2019年 オーストラリアの無料VPN 10選

 

バーチャルプライベートネットワーク(VPN)は、今や広く普及したサービスです。今は、オンラインプライバシーについて、大きな疑問を抱かざるを得ない時代です。VPNサービスを利用して確実にオンラインセキュリティとプライバシーを保護したいというあなたには、まったく同感です。インターネットは検閲にふさわしい場所ではないという信念を持ち、ジオブロック(地域によるアクセス制限)されたコンテンツにアクセスしたいというあなたの気持ちもわかります。

VPNサービスに料金を払いたくなくても、VPNによってこれまでより安全性を確保することができます。無料VPNは多いものの、非常に優れているといえるものはその一部です。


以下に、2019年現在の、オーストラリアの無料VPN10選を紹介します。

 

#1  Windscribe VPN

Windscribe VPNをリストのトップに選んだことは、単なる偶然ではありません。Windscribe VPNは、セキュリティ面と通信量制限の両面でオーストラリア向け最高の無料VPNです。サイバー犯罪者にデータを盗み見される心配は無用です。利点は何ですか?Windscribe無料VPNを使えば、世界中に戦略的に配置された8台のサーバーに接続し、毎月10GBの帯域幅を得ることができるのです。

セキュリティをさらに強化するために、Windscribeはウエブサイトの閲覧履歴かIPアドレスか接続ログを保存しません。閲覧を終了した3分後には、サーバーに保存された最小限のデータも消去されます。


 

#2  Opera VPN

Operaブラウザを使ってオンラインのコンテンツを楽しんでいるなら、同じ会社が提供する無料VPNサービスはうれしいでしょう。このブラウザの新バージョンには、VPN機能が標準で組み込まれています。

Opera VPNクライアントは、同時に5台のデバイスの接続に対応しています。また25カ国に1,000台のサーバが設置されています。接続設定は非常に簡単で、パフォーマンスも平均以上です。唯一残念なのは、月間の通信量が500MBに制限されていることです。ただし、Operaブラウザ経由でVPNを使用すれば、通信量は無制限となります。
 

 

#3  TunnelBear VPN

よく知られたITセキュリティ会社であるMcAfee社に買収されてまもなく、TunnelBearはオーストラリア屈指の無料VPNに生まれ変わりました。モバイルクライアントとデスクトップクライアントの両方が用意されているため、1日の大半を自宅の外で過ごす方にとって、TunnelBearは特に便利なVPNです。20カ国以上に1000台のサーバが設置されていることで、TunnelBearのサービスは安全なだけでなく、安定したものになっています。

TunnelBear VPNの欠点は、現在のところ月間500MBの通信量制限です。また同社のプライバシーポリシーによると、TunnelBearは最小限のデータを収集し、記録します。
 

 

#4  Proton VPN 

無料のVPNサービスでは、時に通信量制限が非常に厳しいのはご存知の通りです。これがProton VPNサービスをリストに入れた理由です。Proton VPNは、オーストラリアで使える中でトップクラスのVPNサービスプロバイダーです。通信量の制限はありませんが、代わりに妥協しなければならない点はあります。たとえば、同時に複数のデバイスを使用することはできず、選択できる地域はたった3カ所です。有料ユーザーが優先されるため、オンラインの有料ユーザーが多い時は、読み込み速度が遅くなることがあるでしょう。

またP2P には非対応です。それでもデータ無制限で、かつWindows、Mac、Linux、iOS、Android用のネイティブクライアントが用意されていることを考えれば、Proton VPNは一考の価値があるVPNです。
 

 

#5  Hola VPN

Hola VPNサービスは、市場のどのVPNサービスとも異なっています。Holaは、サーバーのような固定ネットワークの代わりにP2Pを活用したVPNです。Hola VPNは、ブラウザトラフィックの経路にHolaのユーザーの機器を経由させることで、究極の安全性を提供することを目指しています。Hola VPNを使用すると、このユーザーネットワークに参加することになります。

セキュリティ上の主な利点は、Holaのユーザーネットワークで発生するトラフィックが動的な性質をもっていることから生じます。要するに、固定のルートや配布先サーバーがないのです。ただし、Holaがオンライン上のすべてのリクエストの送信元と送信先を含む大量の匿名データを追跡し、収集することには注意が必要です。
 

 

#6  Turbo VPN

高度な機能やプライバシー、性能保証などに関してそれほど要求が厳しくなければ、Turbo VPNでも十分役に立ちます。Turbo VPNの無料プランは通信量の制限がなく、アクセスできるサーバー拠点は9カ所です。Android用アプリのおかげで、Turbo VPNは短期間でスマートフォンユーザーが最も一般的に使用するVPNの1つになりました。

ターボVPNはログなしのネットワークです。唯一の問題は、アプリのインストール時に要求されるパミッションが多いことです。加えて、大量に表示されるアプリ内広告を、多くのユーザーがスパム的だと感じていることにも注意が必要です。
 

 

#7  VPN Proxy Master

VPN Proxy Masterは、トップクラスのモバイルVPNサービスプロバイダです。AndroidとiOS両方で利用でき、VPNサーバー拠点は6カ所です。しかし、iOS・Android向けアプリの両方ともに大量の広告が表示されます。

ネットワークはログなしです。サービスは完全に無料で、通信量も無制限です。最速無料モバイルVPNサービスと広告で謳っているほどには、性能は安定していません。VPN Proxy Masterは、YouTube、Netflix、Comedy Centralのブロックを解除することができます。
 

 

#8  Ultrasurf VPN

Ultrasurf free VPNは、AndroidとWindowsPCユーザー向けのサービスです。クライアント設定は簡単に行えます。プライバシーポリシーによれば、Ultrasurfはログなしのネットワークで、IPアドレスを常時隠したまま、最小限のユーザーデータを追跡し記録するとのことです。また、収集されたデータは、30日後自動的に削除されます。

通信量は無制限で、Androidアプリを使えば外出先で公衆Wi-Fiホットスポットに接続していても安全にネットサーフィンを楽しむことができます。表示される広告数も、他の無料のVPNモバイルアプリと比較すると大幅に少ない数です。
 

 

#9  Speedify VPN

Speedify VPNサービスプロバイダは、安全かつ超高速なインターネット接続に力を入れています。無料ユーザーも、Speedifyのターボチャージング技術の恩恵を受けることができます。つまり、1円も払わずに超高速でロードされるコンテンツを楽しむことができるということです。

唯一の欠点は、通信量制限が初月4GB、2ヶ月目以降はわずか1GBである点です。
 

 

#10  Hotspot Shield VPN

Hotspot Shield VPNは、安全ではないパブリックWi-Fiに多くの時間接続している方のために、特別に設計されています。無料版では接続される地域は自動的に選択され、同時に最大5台のデバイスを使用できます。通信量が1日500MBに制限されているため、このVPNサービスはライトユーザーに最適です。

モバイルアプリには広告が表示されますが、同社のプライバシーポリシーで、ユーザーのデータ保護は最重要事項として保証されています。

 

以上、オーストラリアの無料VPN10選でした。それぞれのニーズに最も適したVPNを選択する際に役立つ、各VPNそれぞれの具体例についても書きました。

 

ニュースレター

Eメール・アドレス
新製品・アップデート情報を希望します
無料ゲーム、お試し、キャンペーン情報を希望します
登録
私たちはあなたの プライバシーを尊重します
毎月のニュースレターを読めば、あなたも重力を振り切れる…
多分ないのでしょう、でも、何かスゴいことができるいい新しいプログラムが見つかるでしょう。リリースと同時にアップデートも万全。登録解除は簡単、とりあえず登録してみよう!